堀口医院からのお知らせ

お薬手帳をご持参ください

受診の際はお持ちのお薬手帳をご持参ください。薬剤の重複や飲み合わせの確認に重要です。薬局で受け取った内服の情報を必ず手帳に貼付するか、別紙の処方内容がわかるものをご持参くだるようお願いいたします。

カテゴリー: 堀口医院からのお知らせ | コメントをどうぞ

こども医療受給証をお忘れなく

こども医療費受給者証をお持ちの方は窓口でのご提示をお願いいたします。18歳未満の医療費の窓口負担がなくなりますので、お持ちの方はかならず忘れずに受付窓口でご提示ください。

カテゴリー: 堀口医院からのお知らせ | コメントをどうぞ

舌下免疫療法(シダトレン)について

スギ花粉症に対する舌下免疫療法が今年10月から保険適応となります。適応と注意事項などを簡単に説明したいと思います。

1.免疫療法とは……….アレルギーの原因となる物質を少ない量から徐々に体内に入れて治療しようという方法です。シダトレンは注射ではなく、スギ花粉エキスを舌下に滴下して行う治療です。

2. 適応…………スギ花粉症に適応がありますが、以下の人はできません。(スギ以外のアレルギー性鼻炎の人、12歳未満、重症気管支ぜんそく、癌、免疫系の病気の方)また以下の方は注意が必要です。(これまでにアレルゲンを使った検査でアレルギー症状を起こした人、65歳以上、妊婦、授乳婦、口腔内に異常のある人、重症心疾患、肺疾患、ステロイド加療中、βブロッカー、抗うつ薬、MAO阻害剤内服中のかた)

3. 治療効果…..すべての人に治療効果があるとは限りません。おおよそですが、2割が完治、6割が症状改善、2割は効果なしという結果がでています。

4. 治療期間…….始めたら3~5年毎日継続が必要です。毎日です。また、命に係わる重篤なショックが絶対ないとは断定できません。

5.副作用……..軽症と考えれる副作用は舌、口の腫れ、のど、耳鼻かゆみ、鼻閉、鼻汁などの花粉症症状、咳などです。重篤な副作用はアナフィラキシーショック(現在これまで治験などでの報告はありませんが、完全に否定されるものではありません)

6. そのほか……スギ花粉症にのみ適応がありますので、ハウスダストやブタクサ、カモガヤなどの花粉症に効果はありません。検査を行ったことのない方は採血検査が必要です。

以上簡単ですが舌下免疫療法の概略を説明しました。治療開始機関はスギ花粉の飛散時期を避けた7月~11月です。副作用の点からスギ花粉症時期に開始することはできません。2014年10月から薬価が決まりますので、お聞きになりたいことがございましたら医院にお問い合わせください。

5. そのほか………

カテゴリー: 堀口医院からのお知らせ | コメントをどうぞ